政治信条

 
1. 「新・日本国憲法」を制定し、「神仏を信じ愛する国・日本」、「自由と繁栄の国・日本」、
  「世界平和実現に努力する国・日本」を建設する。
  保守勢力の力を糾合し、「自由主義国家日本」を再建する。
   
2. 聖徳太子以降の「和をもって尊しとなす精神」を基本とする。
  ただし、日本侵略の意図のある中国・北朝鮮に対しては、現行憲法の前文に照らして、
  「平和を愛さない国家」として、「憲法九条の適応除外国と認定」し、この二国に対しては、
 

交戦権を認める。

  「新・日本国憲法」制定後は、いかなる侵略国家に対しても、正当な交戦権の下、自衛軍(陸軍・
  海軍・空軍)をもってこれを撃退し、日本国の主権・領土・国民を断固として護り抜く。
  日本に対して核兵器の照準を合わせている中国や北朝鮮に囲まれている現状を直視し、緊急避難策
  として、「ニュークリア・シェアリングシステム(核兵器分担システム)」を導入する。
 

「日米安保条約」は、これを堅持する。

   
3. 日本の歴史を正しく検証し、東京裁判や中国・北朝鮮・韓国による宣伝戦で着せられた
  侵略国家の汚名を晴らし、「自虐史観」を払拭する。
  「日本が、欧米列強による植民地支配から東南アジアを解放させた事実」を、日本人としての
  誇りとなし、そのために命を捧げられた英霊の方々への感謝を忘れない。
 
4. 日本を、亡国の道へと導き続けるマスコミ権力に対し、その責任の所在を明らかにし、
  公平で正確な報道を行うことを義務付ける。

 

  

 

幸福実現党

Copyrights © 中川よしもり Allrights reserved.