政策

 
  「国家存亡の危機」にある日本を救い、「新たなる国造り」をなす。
1. 富国
 

実質的には社会主義国家である現在の日本を変革し、真なる資本主義精神に基づいて

  「発展繁栄する自由の大国・日本」を新たに建国する。
  ばらまきではなく、将来的に、富を生み出すものに対して投資をする。

10年以内に、GDP1000兆円を達成し、所得倍増を実現する。
法人税減税実施(税率20%)。相続税・贈与税の廃止。消費税増税の凍結。
10年以内に、東京-大阪間・リニア中央新幹線を開通する。
航空・宇宙産業、防衛産業、エネルギー産業への100兆円規模の投資。

原発推進でエネルギー自給率を50%へ引き上げる。世界一安全な原発を海外へ輸出する。

防衛費は、経済繁栄のための必要経費とみなす。

2. 強国
 

「憲法9条改正」、または「新・日本国憲法」制定により、法的な国家防衛体制を整備する。

  自衛隊は、「陸軍・海軍・空軍からなる自衛軍」に改編する。自衛軍は、圧倒的な軍事力で、
  日本の領土・領海・領空を他国の侵略から守る。

中国・北朝鮮に対しては、「平和を愛さない国家」として、「憲法9条適応除外を閣議決定」し、

  早急に、国家防衛のための「正当な交戦権を自衛隊に付与」する。
日米安保条約を堅持する。
集団的自衛権を認める。
沖縄の米軍普天間基地を早急に辺野古へ移設する。
沖縄へのオスプレイ配備を早急に行う。
核兵器保有国に恫喝されている現状を直視し、「非核三原則は撤廃」し、核ミサイルを開発・
  保有する。それまでの間は、ニュークリアシェアリングシステム(核兵器分担システム)を活用し、
  「核抑止力」とする。

自衛軍には、原子力潜水艦、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)、原子力空母、ステルス戦闘機、

 

オスプレイ、サイバー部隊など、必要十分な装備と人員を充てる。

救国の志ある政党、政治家と連立する。
台湾、朝鮮半島の有事においては、将来的に、日本の防衛体制に重大な影響が出ることを考慮し、
  米軍と連携し、できる限りの支援を行う。
3. 愛国
  「神の国・日本」の真実の歴史を学び、東京裁判でもたらされた自虐史観を払拭し、
  愛国心を取り戻す。
  東南アジア諸国の植民地支配を終わらせた大東亜戦争の意義を日本人としての誇りとなし、
 

そのために命を捧げられた英霊の方々への感謝を、靖国神社に捧げる。

皇室を尊重し、日本の国体を守る。

日本の古き良き伝統を守る。
信仰心を大切にし、神仏を尊ぶ精神を取り戻す。

小学校・中学校の義務教育課程において、国を愛する心をしっかりと涵養する。

学力低下と学級崩壊をもたらした「文部科学省および日教組によるゆとり教育・唯物論教育」
 

を撤廃し、天才児教育も含めた英才教育と普遍的な宗教教育を行う。

二宮尊徳像を小学校・中学校に復活させる。
日本国籍の取得審査を、厳正に行う。一定の日本語能力を有し、日本での犯罪歴がなく、勤労・納税
  実績5年以上。有事の際には、日本防衛のために戦うことを宣誓することなど。
  「人々は、日本が偉大であるから、日本を愛したのではない。日本は、人々が日本を愛したから、偉大となったのだ。」

 

  

 

幸福実現党

Copyrights © 中川よしもり Allrights reserved.